FXで収益を上げる秘密はカバー取引

FXで収益を上げる秘密はカバー取引

FX業者が収益を上げる秘密はカバー取引に秘密があるのか

ここで、FX業者の行なう取引の流れを説明しておこう。じつは、ここにネオFXの秘密があるとされるからだ。為替の相場を決めているのは、世界の大手金融機関同士が取引を行なう、インターバンク市場だ。

 

FX業者は、そこに参加する銀行などカバー先からレートの提示を受け、なるたけ有利なものを選んだうえで自らの利益分を乗せ、顧客に提示する。つまり、インターバンク市場から仕入れて、顧客に売る。客との売買と同時に、カバー取引を行なう。たとえば顧客にフルを売ったら(顧客にとっては買い)、てルをカバー先から買う。これによって自身が持つポジションを相殺し、相場変動から受けるリスクを避ける。業者にとっては、顧客に売ったレートとカバー先から買ったレートの差が収益となる。これが″基本"のかたちだ。

 

しかし実際には、FX業者でこの基本どおりに行なっているところはごく一部だ。多くのFX業者は先に顧客に売り、顧客の注文を一定期間ため込んでから、利益の取れる値段で仕入れにいく'のである。即座にカバー取引を行なうのではなく、ある程度の量をまとめてからカバー先につなぐといったことを、ほとんどの業者が行なっている。

 

最初に、FX業者が設定したレートで、顧客に売る。そして、利益の取れる条件を狙い、カバー先から買い戻す。この場合、カバー取引をすぐには行なわず、いったん業者がポジションを。のむ'のが前提になる。なお、相対取引である以上、これも違法ではない。

 

この方法では、やり方次第で、大きな利益を得る余地がある。問題は、その″程度"である。二日に一回などという頻度でカバー取引を行なっている会社もあると聞く」。

 

こうなると、顧客への提示レートは、本質的にインターバンク市場のレートと関係がない。業者の利益が確保でき、顧客が違和感を覚えない水準であれば、どんなスプレッドでも提示が可能だ。

【ご注意ください】

当サイトの掲載内容に関してはその正確性を保証するものではありません。FXをはじめる際は、各FX業者のホームページなどでサービス内容、FXのリスクを十分に確認してください。投資にかかわる情報収集、取引においてはすべて投資家の方の自己責任となります。

ホーム RSS購読 サイトマップ